身近な女の子を好きになった場合にすべきことと告白の方法

この記事の所要時間: 535

リアルに好きな子ができたら

女性が身近な男性に恋をするように、レズビアンも身近な女性に恋をすることはあると思います。そういったときに悩むのは、告白をすべきか否かということですよね。もし自分が告白をしたときに、相手はどんな反応を見せるのか、理解してくれるのか、それとも嫌そうな顔をするのか。後者が怖くて、中々告白に踏み切れないという女性も多いのではないかと思います。

そういったときには、告白すべきなのか、それとも黙っているべきなのか。また、告白するとすれば、何かその準備としてすべきことはあるのか。この記事ではレズビアンのリアルの恋愛について見ていきたいと思います。

相手がどんな子かを精査する

同性愛者が好きな人に告白をするということは、自らの属性を明らかにすることでもあります。それを受け付けない人物がいることは事実であり、レズビアンであることを明かすことには一定のリスクが伴うのです。したがって、誰か気になる人ができた段階で、まずその女性のことを観察してください。誰かの陰口を言う人ではないか、攻撃的な性格をしているのではないか、口は軽くないか、男性との恋愛において彼女がどのような態度を取ってきたのか。それらの事柄を、彼女と接する中で把握していきます。同様に、その人が同性愛に目覚める素質を持っているかどうかというのも見ておきたいところです。

たとえば女の子のように可愛らしい男性を好むとか、女性と腕を組んだり手を繋いだりするのにも抵抗がないとか、ルックスがイケメン男子風の女性にドキドキしてしまうところがあるとか、いわゆる「百合」と言われるような美少女同士がいちゃつくアニメ等を好んで観ているとか、そういった場合には彼女がレズビアンに目覚める可能性があります。チャンスはあると言えるでしょう。

これらを総合的に見て、告白をしたときに、たとえ断るのだとしても真摯に気持ちだけは受け止めてくれそうだと思われる場合、女性同士の恋愛にも偏見を持っていなさそうだと思われる場合には、思い切って告白してみてください。

告白の場所と言葉は?

まず、告白の場所についてです。これは当然のことながら、二人きりになれる場所でなければなりません。ほかの人に告白の瞬間を目撃されると、そのことが噂になるばかりか、それは交際することになった場合の障害となりえます。相手にも迷惑がかかるかもしれませんので、場所は選んでください。具体的には、あなたの家がベストです。漫画喫茶やカラオケなど、二人きりになれる場所でしたらどこでも構いませんが、落ち着いて告白をできるのは、やはり自宅でしょう。

それには当然、好きになったその女性と自宅で遊ぶくらいに仲が良くないといけません。もしそれほどの仲ではないのなら、まず友達になることから始めてくださいね。もしあなたが、たとえば学校中の女子から人気を集める、スター的な女生徒だったりを愛しているのなら、その人に憧れるのはあなただけではありませんので、学校のどこかで告白しても構いません。あの子はレズビアンだと噂になることもないはずです。ただしその場合「なに抜け駆けしてるのよ」といった非難を受ける可能性があります。付き合うことになった場合、僻みから、嫌がらせを受けることもあるかもしれません。そういったリスクを回避したいのであれば、まずは仲良くなって、そのうえで自宅に呼び、告白するのが一番です。

告白の言葉はストレートなものが良いです。「大事な話があります」と正座して言えば、彼女も真面目に聞いてくれると思います。そこから、好きになってしまった経緯を話し、「好きです、付き合ってください」と伝えましょう。あまり長くなりすぎないように、かといって短くなりすぎないように、事前に言いたいことを整理してまとめておくことが大切です。

気になる専門用語まとめ【出会いを探すのにも必要な基本レズ用語まとめ

告白を終えたら

その女性への告白を終えましたら、その回答を待つことになります。その場で言われることもありますし、時間が欲しいと言われることもあるでしょう。後者の場合、待たされることになりますので、その間はずっとドキドキしっぱなしでしょうが、時間をもらうということは交際を検討しているということであり、OKしてもらえる可能性も高いのではないのかなと思います。レズビアンには興味がないし、何があっても付き合うつもりはないという人であれば、その場で断る可能性のほうが高いはずですからね。

断られた場合

さて、告白して、残念ながら断られてしまった場合には、その後処理をします。悲しくて冷静になれないかもしれませんが、そこはふんばってください。告白をした相手には、断られた理由がどうあれ、この先ずるずると気持ちを引きずったりすることはない、迷惑はかけないと伝えましょう。また、「考えてくれてありがとう」「今日は来てくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝えてください。あなたの気持ちがいかに真剣なものであったか、その女性はさらに深く知ることとなります。

そこで気持ちを変える可能性もありますし、たとえ変わらなかったとしても、告白されたことを誰かに言い触らしたりすることはないでしょう。あなたも事前に、その女性がそんな人間ではないことを観察しているはずですしね。

好きな人が帰りましたら、泣くだけ泣いてもいいですし、おいしいものを食べてもいいですし、とにかく感情を吐き出し、かつ頑張った自分へご褒美をあげるようにしてください。そして気持ちを切り替えて、明日からは通常の友達として、先ほど告白した女性と接することです。レズビアンが出会う方法は、出会い系サイトやSNSなど、色々とあります。ひとりの女性に振られたからといって、何もあなたの恋愛の可能性すべてが閉ざされたわけではないのです。

OKしてもらえた場合

もし告白をOKしてもらえたら、真っ先に「ありがとう」と伝えましょう。とりあえずOKしてもらえたのか、それとも彼女もあなたのことを好きだったのか、違いはあると思いますが、感謝の気持ちを伝えるのは大事です。そこから多少気まずい雰囲気に、何を話したものかわからない空気になると思いますが、そんなときには「飲み物もってくる」などと言っていったんその場を離れるのです。

そしてお茶でも持ってきて、それを出し、ちょっと落ち着いてきたところで、「甘えてもいいでしょうか」とでも言って、肩を寄せ合うなり、膝枕をしてもらうなりしましょう。どんなところにデートに行くか、そこでどんなことがしたいか、そういうことを話し合いながら、今後の関係をどう続けていくか、相談してみてくださいね。