レズでも結婚できる?子供を授かる方法ってあるの?

この記事の所要時間: 315

最近は少しずつではありますが、同性愛というものが理解されつつありますよね。未だに偏見を持っている方もいますが、同性愛者の方にはそれに負けずに頑張ってほしいと思います。

さて、ここでは女性同士のカップル、レズビアンカップルについて述べますが、ビアンカップルが結婚をすることは可能なのでしょうか。海外には同性結婚が認められているところもありますが、日本はどうなのかといいますと、同性カップルが正式な婚姻関係を結ぶことはできません。婚姻届に女性二人が書き込んでそれを提出しても受理されないのです。レズが結婚するには、性転換手術が必要となります。つまりどちらか一方が性転換手術を行い、戸籍上の性別を男としていれば、結婚をすることができるんですね。

しかし、お互いに女性として相手のことを愛していて、女性のまま結婚したいという場合は、現状、日本ではそれは叶わないと言わなければなりません。法的に、国として同性愛を認めるに至るには、まだまだ時間がかかるのではないでしょうか。しかし東京の一区域などごく一部に限られてはおりますが、街として同性愛の結婚、カップル認定をするところも出てきています。正式な結婚、夫婦とはいきませんが、それに準ずるものを行政が認めるというのは、同性愛者にとって大きな一歩だといえるでしょう。

二人の愛に誰かの認定は要らない、という考え方ももちろんありますが、正式な夫婦、それに準ずるものとして公に認められたいのであれば、同性カップルに夫婦認定的なことをしている場所に引越し、役所に届出をするとよいでしょう。

また、夫婦ということにこだわらないのであれば、養子縁組をするという方法もありますね。これをすれば二人が家族であることが法的に認められます。財産を相続したりすることもできますので、夫婦認定を行っている場所に引っ越したりすることが難しいという場合には、この養子縁組を活用するのがよいでしょう。

以上、レズカップルが結婚する方法をご紹介しました。多少手間はかかりますが、家族として国に認めてもらうことは可能なんですね。

レズは子供を授かれる?

それでは、次に子供について見ていきましょう。レズは女性同士ですから、子供を作ることはできません。方法としてはいくつかありますが、まずひとつは、あなたとその恋人両者合意のもと、男性と性交渉を行い、精子を提供してもらうという方法があります。これがいちばん手間もお金もかからない方法だと言えるでしょう。しかし、自分の好きな人が、他の誰かとエッチなことをするのには耐えられないという場合は、医療機関などを通して、ある男性から提供してもらった精子を人工授精させるといった方法もありますので、検討してみてください。

中には、ゲイカップルに精子を提供してもらうというレズカップルもいるみたいですよ。そういうのもありですね。あとはレズが子供を授かる方法といえば、養子を取ることでしょうか。

以上、レズカップルが結婚する方法や、子供を授かる方法を見てきました。制度的には、日本はまだまだ同性愛者にとって住みにくい場所といえるかもしれません。しかし昔は、同性愛者というのは、世界的に見ても差別の対象であったわけですから、それがここまで理解が進んだことには、感謝しなくてはならないでしょう。

これは男女ともに言えることではありますが、究極的には、誰かと誰かが愛し合うことには、国に認めてもらう必要性なんてどこにもないわけです。現に結婚というものを特別意識せずに、夫婦のような関係、生活を続けているカップルもたくさんいます。また、子供がいなくても幸せというカップルもいるのです。

色々な暮らし方、生き方がありますので、今あなたがもし悩んでいるのであれば、他の同性カップルがどのように付き合っているのかに目を向けてみると、また別の選択肢も見えてくるかもしれませんよ。