レズビアンの恋愛の障害となることとは?

この記事の所要時間: 525

レズビアンの恋愛の障害とは?

レズビアンの皆さんにとって、その恋愛がうまくいくかどうかは、きわめて重要な問題だと思います。未だに同性愛者への無理解も多い世の中ですし、自分の恋人が、いつ男性のことを好きになるか知れないという不安もあるのではないかと思います。好きという気持ちがあれば、なんてよく言いますが、現実はそう単純なものではありません。

それではレズビアンの恋愛の障害とは何か。これを知ることは、今の自分に、女性同士との恋愛をうまくこなせるかどうかを知るきっかけとなるはずです。ここではそれらの障害と、それへの対処の方法を紹介したいと思います。

恋人同士のようなことがしにくい

レズビアンのカップルが最も悩むのは、この部分ではないかと思います。街中を歩いていると、手を繋いだり、時にはキスなんかをしたりしているカップルを見かけますが、女性同士の場合はこういうことがしにくいですよね。あなたは気にしないかもしれませんが、あなたの恋人は気にするかもしれません。恋愛というものは二人で築くものでありますから、自分は恥ずかしくないから、と済ませられる問題ではないのです。しかし恋人となれば、恋人らしいことをしたいと思う女性も多いことでしょう。ではどのようにするとよいのか?

まず、手を繋ぐということで言うと、これは友達同士でもやっている子は意外と多いので、周囲はあまり気にしないと思います。堂々としていればよいのではないでしょうか。ただし、たとえばあなたが、クラスメイトの女の子と付き合っていて、それで手を繋いで歩いているところを同じクラスの子に見られた場合、それが噂になる可能性はあります。キスとなれば尚更です。

二度と会うことのない赤の他人に見られるのなら構わないでしょうが、自分の生活圏に近い人々の間で噂になると、現実として悪い影響が出る可能性もあるのです。あなたとあなたの恋人がそれを気にしないというのなら、堂々と恋人らしいことをすればよいでしょう。逆にどちらか一方が、あるいは両方が、それを気にするというのであれば、出かける場所や時間帯を工夫するとか、外ではできないぶん、建物の中に二人きりになったときに沢山いちゃいちゃしたりするとか、そういった方法で解決を図りましょう。

二人でうまく付き合いを続けていく方法を相談して、それを実践するのが一番の対処法であるといえます。

結婚を考えてしまう

これもレズビアンのカップルにとって大きな問題ではないかと思います。結婚は男性にとっても、女性にとっても、人生における大きな喜びのひとつでしょう。そしてそれは精神的に、あるいは金銭的に安定を得ることだとも言えます。女性の場合は、まだまだ平均年収は男性のそれよりも低いので、男性と結婚することで、生活の安定が図られるという面も少なくないと思います。レズビアンのカップルの場合はそれがないわけですから、将来的な不安を抱える方も多いでしょう。そのことは、レズビアンが次第に男性との恋愛にシフトしていく一因にもなりえます。

これへの対処法は、まず、自分が結婚を求めているのか、いないのか、はっきりとさせることです。もし、男性との結婚やその生活、そして子供を授かることに魅力を感じるのであれば、あなたは将来、あなたの恋人に迷惑をかけてしまうかもしれません。何があってもレズビアンとしての自分を貫き通せるか、一度考えてみましょう。

今の時点で、それが「できる」と自信を持って言えるのなら大丈夫です。相手にもその覚悟があるのなら、二人で将来のことについて真剣に語り合ってみてください。二人で生涯暮らしていくにはどんなことが必要で、何をすべきか。仕事のこと、住む場所のこと、親への説明等々、様々な問題があると思います。それらの問題を解決するには、相応の準備が必要です。仕事をするといっても、「働かせてください」と言えばすぐに正社員にしてくれるような会社は、そんなに多くないですからね。どこの大学を出るとか、どんな資格を取るとか、そういったことも当然、準備のうちに含まれるでしょう。

また、最近では同性婚を事実上認めるような地区も出てきています。二人でそういった場所に移り住むことも考えてもいいかもしれません。

差別的な人間もいる

レズビアンの人にとっては非常につらいことだと思いますが、世の中には少なからず、差別的な人間もいます。彼らは自らが規定する狭い伝統の中に生きており、多様な生き方を認めない、個人の事情を理解しようとすることのない人間です。そして多くの場合攻撃的な性格をしています。

そういった人々の心無い発言は、リアル、ネットともに数多く見られることでしょう。その人々の考えや言動を変えるというのは、不可能なことだと思います。いじめっ子に、いじめをやめなさいと言ったところで、性根が腐っているわけですから意味がないですよね。

したがって、これらの差別に対しては、それがいつ自分に降りかかってくるか知れないものとして、あらかじめ心構えをしておく、口の悪い人が集まっているような場所にはリアルでもネットでも出入りしないようにする、というのを心がけるしかありません。予防線を張っておくことが一番の対策となります。

レズビアンの恋愛はうまくいくのか

以上が、女性同士が交際する場合の障害となりうることの代表的な例です。細かいことで言えばもっと沢山言えるかもしれませんが、それはここでは述べないことにします。

さて、これら交際上の障害を踏まえたうえで、レズビアンの恋愛はうまくいくのか。これについては、お互いに、それこそ男女のカップルのように、相手を敬い、愛している限りは、絶対にうまくいくと言えます。男女のカップルに比べ、乗り越えるべき事柄は多いかもしれません。しかしそのことが、いっそう二人の絆を強くしてくれるのです。

何か壁にぶつかったときには、二人で話し合うようにしてください。とことん話し合って、どうすればそれを乗り越えられるのかを考えましょう。時には喧嘩をすることもあるかもしれませんが、そんなときには相手との会話を遮断するのではなく、言いたいことをすべてぶちまけるのが吉です。連絡もせず、無視して逃げ回るというのは最悪の態度でありますから、きちんと相手と向き合って、話し合いをするようにしてくださいね。

そうしていれば、間違いありません、たとえレズビアンの恋愛であっても、うまくやっていけるはずです。