同性愛が出会いを見つける出会い系の有効な使い方

この記事の所要時間: 428

サイトに登録して相手を探す!

ノンケであろうと、ビアンであろうと、出会いを探すとなれば出会い系サイトに登録するのがいちばんです。最近は一種のSNSのように、同性とも連絡を取り合える出会い系サイトが増えてきています。そういったところに登録すれば、自分と同じレズビアンを見つけることができるのです。サイト選びのポイントは、料金表を見ることです。出会い系サイトは、どこへ行っても、女性は大抵無料とされています。女性が女性を探す場合にも同じことです。ではどうして料金表を見なければならないのか。

優良、悪質を見極める

レズビアンであろうとなかろうと、出会いを探すのであれば、優良といわれる出会い系サイトに登録することが重要です。悪質サイトに登録してしまうと、迷惑メールが大量に届き、勝手に他の有料サイトに登録されたり、メールアドレスが架空請求に使われたりするかもしれません。その出会い系サイトが優良か悪質かは、料金表を見ることによって判断可能です。だからこそ、女性は無料だといっても、登録前にそのサイトの料金を確認することが重要なんですね。

それは男性に対し請求されるものでありますが、たとえば、メールを読むのにも送るのにも1通あたり100円200円かかる、アドレス交換に3000円かかるといった高額設定になっているサイトは、悪質とみて間違いありません。優良サイトは、メールを読むのは無料で、送るときに1通あたり50円前後となっており、メールアドレスの交換に別途お金がかかることはありません。ここだけチェックすれば、そのサイトが悪質かどうかを見極めることができるのです。

料金表は、登録をしなくても、サイトの「利用規約」あるいは「料金表」「ポイント表」といったところから確認可能です。登録前に必ず確認するようにしましょう。優良サイトにさえ登録することができれば、あとは自分と同じビアンを探すだけです。次の項から、どのような方法で相手を探していけばいいのかをご紹介いたします。

相手を探す方法

同性愛者の方は、ノンケに比べると相手を探しにくいというのが実情です。全体が数が少ないというのもありますし、優良サイトにあっても、同性愛者向けのサービスが完全に整えられているとは言えないからです。ですから、以下に紹介する方法をすべて使って、多角的にアプローチをしてみてください。そうすれば、出会いの確率も上がってきます。

プロフィール検索

プロフィール検索は、ある条件を設定して、それに合致する人をピックアップできる機能です。記事を書くにあたって、普段利用しているサイトで「フェム」「タチ」などといったワードを設定し、検索をかけてみましたら、けっこう多くの女性がヒットしました。「女の人にしか興味ありません」と言っている女性も多くいます。また、性転換を済ませているという方も少なくないですね。ぜひ一度検索してみてください。

掲示板

掲示板は、出会いを求める人が書き込みをしたり、あるいは書き込みをしている人に連絡を入れたりするのに使われます。レズの方を募集する書き込みをしてもいいですし、そのように書き込んでいる女性にメールを送ってもよいでしょう。掲示板の良いところは、その人が今現在、出会いを求めているということです。プロフィール検索だと、最近あまりサイトにログインしていないような女性もヒットしますので、なるべく早く出会いたいという方は、掲示板を利用するのがよいでしょう。

日記機能を活用

プロフィール検索、そして掲示板について書いてきましたが、レズビアンの方が出会いを見つけるのにいちばん役立つのは、日記機能だと思われます。サイトによっては、プロフィール検索をかけたとき、自動的に異性のみが結果に表示されるようになっていることもあります。同性を検索することができない場合もあるのです。それでも、日記を通じてでしたら、同性の人々も連絡を取り合うことは可能です。日記のコメントで会話をしてもいいですし、そこからプロフィールを開き、専用のフォームからメールを送ってもよいでしょう。もちろん自分で日記をつけて、そこにレズビアンであることを書いても構いません。そうすれば、自分と同じ属性の人がコメントをくれるかもしれません。

日記機能の有無や、同性にメールを送れるかどうかは、サイトによって違ってきます。大手優良といわれるサイトであれば問題はないと思われますが、できれば、登録前にそのサイトに日記機能があるかどうか確認しておきたいところです。

男性として登録するのもあり?

レズビアンと知り合いたい、そういう方は男性としてサイトに登録するのもありだと思います。レズの方の多くは女性として登録していますから、そういった人たちをプロフィール検索などで効率的に探す方法として、男性会員登録を済ませ、そのアカウントを使うというのもありでしょう。

ただしその場合、出会い系サイトの利用料金が発生します。優良サイトに登録していれば、それほど大きな負担にはならないと思いますが、お金がかかることには違いないので、そ点は留意しておくべきでしょう。また、サイトによっては、女性が男性として登録することを禁止している場合もあります。大手優良サイトであれば問題ないと思われますので、なんにせよ、サイト選びが重要ですね。